災害時にも役立つエネルギー・太陽光発電の豆知識

長い目で費用対効果を考えたり、補助金制度を有効に利用したりすれば、太陽光発電は災害時にも役立つものでしょう。

Pagelist
サイト内検索(by Google)
災害時にも役立つエネルギー・太陽光発電の豆知識

太陽光発電は災害にも役立つエネルギーです。

災害時にも役立つエネルギー・太陽光発電の豆知識
日曜日の夜八時、玄関のチャイムが鳴りました。「〇〇商事の者です。太陽光発電の無料モニターになりませんか。ちょっと出てきて下さい。」これって、もしかして怪しげな商法なのでは。こんなに大掛かりなものが無料で設置できるなんて、世の中そんなに上手い話が転がっているとは思えません。時間も時間だったので丁寧にお断りしてかえっていただきました。でもよく考えてみると悪いのは非常識な時間に突然やってきたセールスマン。太陽光発電には何の罪もありません。それどころかなかなかの優れもののようです。

太陽光発電とはお日様のエネルギーを受けた太陽電池が発電した直流電力を、電力会社と同じ交流電力に変換して家電製品に供給するものだそうです。電力会社と配電線でつながっているので余った電力は買い取ってもらえると聞きました。余分な電力が買い取ってもらえるなら、無駄もありません。確かにこれは便利そうです。つける場所も屋根だけでなく、屋上や壁面でも可能なようなので設置しやすいですね。耐用年数は20年といいますから、これもまずまずといったところでしょうか。クリーンなエネルギーだというところも魅力の一つといえるのではないでしょうか。設置費用がどれくらい必要なのかが、検討の要になりそうです。県や地方自治体によっては補助金制度を設けているところも多いのでこれを利用するのも一案かも知れません。

以前自治会の役員をしていた時、会員宅で太陽光発電の設置をしている家を登録しておいて貰ってはという意見が出たことがあります。東日本大震災のニュースに触れるたびに思うのはライフラインをどうやって確保するのかということです。災害時に電気もガスも絶たれてしまった状況を想像すると、これはなかなか良いアイデアだといえるでしょう。いくら食料の備蓄があってもそれだけではできることに限りがあるのですから。お金との兼ね合いもありますが、トレンドの自然の力を利用した発電の一つとして、これからも着目していきたいものです。